2018年のビットコイン(仮想通貨)は一目均衡表で捉える!

専業トレーダーのSKYです(/・ω・)/

価格の乱高下が収まりつつある

ビットコインを含む仮想通貨の数々。

では、どのように今後の相場をとらえるか…

私は『一目均衡表』を使います!!

 

そもそも『一目均衡表』とは

言葉の通り、『一目』で相場を捉えるためのものです。

相場は買いと売りの均衡が崩れた時に大きく動きます。

では現在『買い』『売り』どちらが優勢なのか?

これを教えてくれるのが、米国で人気の一目均衡表です。

実は日本人が考案したので世界でも『ICHIMOKU』という名で

描画ツールとして活用されています。

 

何故、一目均衡表に注目しているのか

私が個人的に一目均衡表を推奨している理由は↓

『日本人が考案・開発したツール』
『アジア圏はビットコインの保有率が世界的にトップ
『投資初心者にも一目均衡表は使いやすい』

この上記3点です。

やはり、テクニカルツールは注目度が高いほど

信頼度が向上します( `ー´)ノ

この相関性を無視するわけにはいきません!

 

一目均衡表の『雲』の使い方

一目均衡表は一概には言えないほど

多くの機能を保有しています。

その中でもビットコインに関しては

『雲』に注目しています(/・ω・)/♪

先行スパン1と2が~…

難しいことはやめましょう(笑)

未来を視覚的に予測してくれるのが『雲』です!

まずは雲とローソク足の位置関係で

トレンドを把握しましょう。

『トレンド』がわからない方はこちら

●ローソク足の下に雲がある場合は『上昇トレンド』

●ローソク足の上に雲がある場合は『下降トレンド』

●雲の中にローソク足がある場合は『均衡状態』

相場には必ず順張りで追いかけましょう!

よって簡単に分析すると基本的には…

上昇トレンド=買い
下降トレンド=売り
レンジ相場 =待ち(見)

このようになります(/・ω・)/鉄則

 

ローソク足が雲の近くに来た場合

下降して雲にぶつかりそうですね!

この時、雲は『下値抵抗線』の役割を果たします。

抵抗線に反発して上に上がっていくような状態が

作られていますね!

 

雲にローソク足が入った場合

抵抗線・支持線としての役割のある雲を突き破って

雲の中に入っていきました。

自分のポジションが雲に突入した場合

私は場合にもよりますが

基本的にはポジションを手放します。

帰ってくるかもしれませんが

やはり、そのまま雲を抜けた後が怖いからです。

 

雲からローソク足が抜けた場合

雲から抜ける…特に下抜けはものすごい勢いで加速します!

勿論、また雲に帰っていく『ダマシ』もあるので

急がず慎重にエントリーをしましょう。

仮想通貨はGMOコインでやるしかない( `ー´)ノ

専用スマホアプリ『ビットレ君』で本格チャート、本格取引

 

ビットコイン現在の価格帯と私の相場観

2018年6月現在

60~90万円のレンジ相場を成しています。

おそらくビットコインが注目されて以来の

初めての綺麗なレンジ相場でしょう。

短期的に考えると正直

買いたくも売りたくもない(笑)

が、超短期でみるなら売っておいても面白いでしょう。

しかし、仮想通貨のピークは今ではありません。

だって『仮想通貨』という名前だけ売れて、

機能面は全く正当な評価を受けてないのだから。

未来を変えることのできるビットコイン。

今後5~10年と長期目線で見れば圧倒的に『買い』

断言します(/・ω・)/!!

仮想通貨はGMOコインでやるしかない( `ー´)ノ

専用スマホアプリ『ビットレ君』で本格チャート、本格取引

 

ちょっとPR

ココナラにて初心者にも簡単に実践できる手法を公開中です!

バイナリーオプションをメインに

FXにも応用できる最も熱い』トレードスタイルです。

最高評価☆5 240件以上のレビュー

玄人が《こっそり》稼いでいる手法を

《がっつり》公開しちゃってます(/・ω・)/

FXでトレードをするだけで報酬をゲット?

普通に口座開設して…

普通にトレードをしちゃってる…

そこのあなた!

実はかなりもったいないです。

FX取引による利益とは別に『ボーナス』をゲットする方法が存在します。

「ファイナルキャッシュバック」というサイトを通して

口座を開設しましょう!

取引ボーナスを受け取ることができます。

ボーナスが損失の補填になることも(/・ω・)/